襟足ウィッグのお手入れ方法

はじめに

せっかく買った襟足ウィッグはできるだけ長持ちさせたいですよね。襟足ウィッグも日頃からお手入れをきちんとするのとしないのでは、その持ちは全然違います。自毛と一緒で、お手入れをしないとすぐに絡んでしまいますからね。

できるだけ襟足ウィッグを長持ちさせるためのコツは、お手入れを欠かさないことです。

使用前後には必ずブラッシングをするようにしましょう、そして痛みが目立つ前にはシャンプーをすることです。


傷んで使えなくなってしまったような襟足ウィッグもこの方法で復活することもあります。ぜひ試してみてくださいね。

使用前も使用後も襟足ウィッグをブラッシングをしましょう

特にロングウィッグやカールウィッグでしたら、どうしても絡みやすいという問題が発生しますよね。こういった場合においては、使用前と使用後にブラッシングするようにしましょうね。


使う前のブラッシングをする理由は絡みにくくするためです。


使った後はきちんとブラッシングをして、少しでも絡んでいた必ずその日のうちにとるようにしましょう。絡みを放置してしまうと、こちらは取れにくくなってしまいます。

ブラッシングの前にオイルスプレーを吹きかけるますと、すべりが良くなって、ブラッシングする際の摩擦が軽減されます。仕上がりについても、とっても良くなりますよ。


また襟足ウィッグにブラシをかけるときに静電気でお悩みの場合でしたら、ウィッグ専用ブラシを使うことをオススメします。ウィッグ専用ブラシは静電気起きにくい素材でできていますので、こういう場合には有効です。


ブラッシングも襟足ウィッグによって方法が違ってきますから、その方法についてもご紹介しましょう。

カールのある襟足ウィッグのブラッシング方法

この場合は、コームやブラシの柄の部分で絡んでいる部分をほぐすようなイメージでブラッシングすると良いです。

カールウィッグはブラッシングし過ぎると、カール自体が取れやすくなってしまいます。折角のカールを伸ばしてしまわない様に、ブラシの柄の部分を使うようにして、ほぐしましょう。


もしカールを伸ばしてしまったとしても、耐熱ウィッグでしたら、コテやアイロンでカールを巻き直すことは可能です。

ストレートの襟足ウィッグのブラッシング方法

髪が抜けないように気をつけて、ウィッグ用ブラシでブラッシングするようにしましょう。サラサラの状態で保管をすればより長く使用も可能ですよ。

トップにボリュームのある襟足ウィッグのブラッシング方法

トップにボリュームがある襟足ウィッグに力を加えるのはカールが取れる原因になるため避けましょう。全体を絡みをほぐす程度にブラッシングするようにしましょうね。ボリュームを保つためにも軽くふわっとブラッシングしてください。

団子の襟足ウィッグのブラッシング方法

団子の襟足ウィッグは毛の流れに沿るようにして、あまり力を加えずブラッシングするようにしましょう。アレンジで崩してしまったとしても、ブラッシングをするだけで元に戻すことができます。