料金別納と料金後納の違い

料金別納も料金後納も郵便局で便利に利用できるサービスのことですが、料金別納とは一度に10点以上の郵便物や荷物を出す時に、切手を貼らずに送ることができることができる便利なサービスのことです。

個人の方であれば利用することもないかと思いますが、荷物が多い企業などでは、いちいち1つ1つの荷物に切手を貼らなくてもいいということで、作業効率を高めることができると喜ばれています。

料金別納ではゆうパックを送る場合は1点からでも利用できるようになっています。

 

これに対して料金後納とは、1ヶ月の間に利用した郵便料金を翌日に支払うことができるという便利なサービスで、郵便料金は翌月に振り替えか指定口座へ振り込めばいいようになっているので、荷物を送るたびにいちいち料金を支払わなくてもいいようになっています。

こちらも荷物の少ない個人が利用するというよりも、1ヶ月に送る荷物が多い企業が利用する場合が多いサービスとなっています。

料金後納を利用する場合は、事前に郵便局の承認を取る必要があり、料金後納を利用できるのは、毎月50点以上の郵便物を出すことが条件となっています。

またゆうパックに関しては、毎月10点以上出せば利用できることとなっています。

 

料金後納に対して料金別納の場合は、事前に郵便局の承認を受けておく必要はなく、さらに料金後納で荷物を出す場合は、後納郵便物差出表とゆうびんビズカードを提示しなければいけませんが、料金別納の場合はその必要もありません。

開封率を高める工夫

OPP封筒は今ではいろいろな用途に使用されていますが、最近特に目立って使用されているのがDM用の封筒としてです。

一昔前まではダイレクトメールを入れる封筒と言えば紙封筒でしたが、紙封筒の場合はどうしても開封しないと中身が見えないため、開封率が上がらないというデメリットがありました。

そのため企業はいろいろな工夫をして紙封筒にお客さんが興味を示す文句やデザインなどを入れて開封率を高めようとしていましたが、それでもなかなか開封率を上げることができませんでしたが、透明であるOPP封筒は、一見して中身を見せることができることから、何もしなくてもお客さんの興味を惹き、開封率を上げることに成功しました。

さらにOPP封筒には印刷もできることから、ただの透明の封筒としての使い方以外にも、表面にお客さんがさらに興味を惹き文句やデザインも入れることができるので、DM用の封筒はしては最適と言われています。

 

OPP封筒は紙の封筒に比べて単価が安いため、大量にダイレクトメールを送る時にはコストを大幅に削減することでき、さらに紙の封筒よりも重さもないため、郵送コスト自体も削減することができるようになっています。

透明のOPP封筒をダイレクトメール用の封筒に利用する時には、できるだけ伝えたい文句や商品をお客さんの一番目に付くところにもっていくことは重要になり、透明だからといって何も工夫しなければ開封率を大幅に上げることはできないので、その点には十分に気を付けるようにしましょう。

A4OPP封筒の使い道

OPP封筒にはいろいろなサイズのものが市販されていますが、OPP封筒で最も多く使われているのはA4サイズもものとなっています。

学校でも会社でも大抵はA4サイズの用紙が利用されていて、他にはB5、A3の順で使用頻度が高くなっています。

コピー機の中にも大抵はこの3つの用紙のサイズがセットできるようになっていて、安価なコピー機であればA4サイズの用紙しかセットできないものも多くなっています。

したがって必然的にOPP封筒に書類を入れる場合はA4サイズのものが選ばれるようになっていて、その次にB5、A3の順に使用頻度は高くなっています。

 

このように書類を入れる場合はA4サイズのOPP封筒が最も選ばれていますが、OPP封筒の用途はその他にも様々で、今ではOPP封筒に衣類やアクセサリーや小物などを入れて販売する企業やお店も多く、この場合はそれぞれの商品に合わせたサイズのOPP封筒が選ばれることになります。

 

さらにOPP封筒にはカタログやパンフレットやダイレクトメールを入れて送られることが多いのですが、その場合はA4サイズだとしても封筒の厚みが重要なポイントとなり、薄手のパンフレットであれば問題はありませんが、厚手のカタログの場合は一般的な封筒よりもかなり厚手のものを選ぶ必要があり、通販カタログなど分厚いものになれば、オーダーメイドで注文を入れなければいけなくなる場合も多くなっています。

オーダーメイドとなればその分単価は高くなりますが、大量に注文すればコスを大幅に落とすこともできるようになっています。