OPP封筒の主流

OPP袋と言ってもそれが何か分からない人の方が多いと思いますが、OPPとは英語のOriented Polypropyleneを略したもので、日本語では2軸延伸ポリプロピレンとなり、ポリプロピレンを縦横方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもののことです。

OPP袋というよりも、一般的にはビニール袋や透明袋と言った方が分かりやすいと思います。

OPP袋はすでに延伸しているために、強度があって引っ張ってもほとんど伸びることはないのですが、フィルムを接合しているフチの部分は裂けやすくなっているので、その点には注意が必要です。

その他にもOPP袋の特徴は、透明度が非常に高くて光沢があるところで、耐熱性も130度もありますが、冷温環境下では強度が落ちるというデメリットをもっています。

OPP袋は防水性や防湿性には優れているのですが、直接その中に液体や粉末などを入れるのには適していないので、その点にも十分な注意が必要になります。

 

またOPP袋と見た目や性質が似ていて、書類や商品を入れる時によく利用されるものにCPP袋と呼ばれているものがあり、CPPとは英語のCast Polypropyleneを略したもので、日本語では無延伸ポリプロピレンになります。

CPP袋とOPP袋が違う点は、OPP袋は触ればパリパリとしていますが、CPP袋はパリパリとした手触りではなく、滑らかな手触りで伸びやすいところが大きな特徴となっています。

またOPP袋に比べて透明度は落ちると言われていますが、これは専門家がきちんと見なければ分からない範囲のものなので、素人がそれほど心配することはないでしょう。

CPP袋の耐熱性は130度以上もあり、OPP袋よりもヒートシール性が優れていて、OPP袋と比較してフチの部分が裂けにくいのもCPP袋の特徴になっています。

 

このようにOPP袋とCPP袋は同じ透明のビニール袋ですが、いろいろな違いもあるので、用途に合わせて都合の良い方を選んで購入するようにしましょう。

近年、ダイレクトメールの経費削減ツールとしてニーズが高まっている状況の下、このOPP封筒やOPP袋を激安で販売しているショップも多く見かけるようになりました。

たとえばそれほど厚みがない冊子やカタログなどを入れる袋としてはOPP袋が選ばれる方が多くなっていますが、厚みのある本や冊子を入れる場合は、ひっぱり強度が高くてフチもさけにくい性質を持っているCPP袋が選ばれることの方が多くなっています。

当記事の参照元:透明封筒・ビニール封筒の通販ショップ